シラバス参照

印刷
講義名 教育方法論 Aクラス
(副題)
開講責任部署 幼児保育学科
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 1.00
代表曜日 火曜日 代表時限 3時限
校地 短大
科目分類名 専門科目
科目分野名
対象学科 幼児保育学科
対象年次 2

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 差波 直樹八戸学院大学短期大学部 幼児保育学科

学習目標(到達目標) 以下の2点を目標とする。
1.保育者に必要な「子ども理解」「指導計画」「保育実践」「省察」の内容が説明できる。
2.「子ども理解」「指導計画」「省察」を実践できるようにする。
授業概要(教育目的) 子どもとのかかわり方、子どもの育ちのための援助の方法を具体的に学ぶ。聴講と共に、グループに分かれての調査、グループ討議等も行い、自分たちなりに教育の方法を見出して検証することを目的とする。保育実習、教育実習で経験したことをもとに、より具体的に保育の方法や、援助の方法を身につける。
授業計画概要 1.保育者の専門性とは
2.記録の意義・方法・内容
3.省察とカンファレンス
4.発達の段階の理解
5.子どもの世界①(具体的事例を通して)
6.子どもの世界②(具体的事例を通して)
7.子ども理解とカンファレンス
8.教育計画と環境の構成
9.保育者の援助①(登降園における)
10.保育者の援助②(遊びにおける)
11.保育者の援助③(協同経験における)
12.保育者の援助④(保護者に対する)
13.家庭との連携
14.地域との連携
15.幼児教育における方法とは
評価方法 定期試験(8割)と平常点(2割)で評価する。
講義時使用テキスト 参考文献に関しては、講義時に指示する。
資格取得との関連 幼稚園教諭二種免許状必修科目